資金調達のポイントは?失敗した理由と会社選びのコツ

この記事では、ファクタリングで失敗してしまう理由や会社選びの際にどういった点に注意しなければならないのかについても取り上げています。大阪をはじめとした関西エリアでファクタリングの利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

ファクタリングで失敗した理由と会社選びのポイントを解説

ここでは、大阪での私自身や関西エリアで活動する周囲の人の経験からファクタリングで失敗してしまった理由、うまくいかなかった背景を紹介します。また、失敗を踏まえて関西エリアでファクタリング会社を選ぶ際にどういった点に注意すればいいのかについても取り上げています。これからファクタリングを利用しようとしている人の参考になれば幸いです。

失敗理由

ファクタリングを試みたものの、うまくいかなかった主な理由としては以下のような点が考えられます。

  • 手数料が高すぎた
  • 複数回の利用により想像以上にお金を失ってしまった
  • 書類の準備に手間取り即日の資金調達ができなかった
  • 債権の種類を把握していなかった

ファクタリングは、資金調達に悩む企業にとって便利なものですが、手数料がかかる点に注意しなければなりません。手数料で一定の金額が引かれてしまうため、ファクタリングを利用したものの、手元に残るお金だけでは資金が足りないという事態に陥る可能性があります。

また、ファクタリングを利用しすぎると失う金額も大きくなるため、慎重に検討しなければなりません。ファクタリングの利用を検討している人は、本当にファクタリングを選ばなければならないのか、ほかの選択肢がないのか、本来受け取ることのできる金額と比べてどのくらいの損失になるのかといったことをしっかりと考えることが大切です。

ファクタリングは、会社によっては即日で現金化できるため、急な資金調達の際にも役立ちます。しかし、必要な書類を準備できていない、提出した書類に不備があるといった場合、即日での現金化は難しくなります。特にファクタリングの経験がない場合だと、書類の準備に慣れておらずこういった失敗が起こりやすいため注意しなければなりません。

ファクタリングは、すべての債権でできるわけではありません。例えば、期日のすぎた売掛債権は利用できません。また、不良債権も対象外です。同じ大阪のファクタリング会社によっても対応している債権に違いがあるため、注意しなければなりません。

関西エリアでファクタリング会社を選ぶときのポイント

大阪や関西エリアファクタリング会社選びのポイントとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 手数料が明確な会社を選ぶ
  • 債権の種類に応じた会社を選ぶ
  • 説明のわかりやすい会社を選ぶ/li>

ファクタリングを利用する際に気をつけなければならないのが、手数料です。大阪・関西エリアの会社を比較するだけでも手数料が異なるため、事前にホームページなどで必ずチェックしておきましょう。なお、一般的に二者間ファクタリングの場合、手数料は5%~25%程度、三者間ファクタリングの場合1%~15%が相場とされています。相場にも幅があるため、損をしないためにも確認しておくことをおすすめします。

ファクタリング会社によって対応している債権に違いがあるため、自社の債権がファクタリングに対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。例えば、建設会社が持つ売掛債権の場合、金融機関では対応していないケースがあります。場合によっては大阪だけでなく関西エリアの会社を探すのも方法です。

ファクタリング会社の担当者と直接話す機会がある場合、説明がわかりやすい会社・対応が丁寧な会社を選ぶことが大切です。例えば、複数回のファクタリングを検討している旨を伝えた時に手数料によりどのくらいの金額を失うことになるのか説明してくれる、必要な書類をはっきりと教えてくれる、といった会社の方が安心して依頼できます。

これらを踏まえて前回、ファクタリングZERO(関西)を利用しましたが入金スピード手数料ともに問題なかったので個人的にはおすすめです。