ブラックリストに載った顧客が融資を受ける最終手段

金融会社というものは顧客の情報を共有しています。大手消費者金融などで返済トラブルがあったり滞納、踏み倒しなどがあった場合、その顧客はブラックリストに載せられることになり、そのリストは大手消費者金融会社全体にまわされます。

ブラックになる、ということは、あらゆる大手消費者金融からの融資が完全にNGになるということを意味しています。ブラックOKの大手消費者金融はひとつもないと考えたほうがいいでしょう。

ソフト闇金の融資はブラックOKであり簡単に審査が通る

では、ブラックになってしまった顧客からは、あらゆる融資の手段が絶たれているのか、というと、実はそうではありません。
ブラックになってしまったことにより大手消費者金融から総スカンを食らった顧客をメインのターゲットにしたソフト闇金を使えば、ブラックであっても簡単に融資の審査が通ります。
このブラックOKのソフト闇金は、今すぐにお金が欲しいブラックにとってはまさに「渡りに船」といったところですが、しかしブラックOKであるということは、その分リスクも大きいということを忘れてはならないでしょう。

ブラック以外は決して近づいてはいけない危ない金融業者

ソフト闇金は、ソフトという言葉こそついていますが、その実態は闇金です。つまり、違法な金利で金を貸す悪徳業者であるということです。容赦なく取り立てをして骨の髄まで顧客から金をむしりとるのがソフト闇金です。
ですから、ブラックではない人間はソフト闇金に近づくべきではありません。ブラックOKのソフト闇金は、あらゆる退路が絶たれたブラックの最後の融資手段だという理解を持ち、可能な限り警戒したほうがよいでしょう。