セックスフレンドにおける幸福と不幸のわかれめ

セフレ関係というものは「肉体関係のみで成立する関係」を指す言葉ですが、セフレ関係は、「お互いに理解しあったうえで」と「一方的な扱いとして」という要素を加えることによって、二つの方向性に分かれていくことになります。

前者の「お互いに理解しあったうえでのセフレ関係」はいわば「ヤリマンとのセフレ関係」であり、一般的によく知られたセフレ関係です。
後者の「一方的な扱いとしてのセフレ関係」は、「セカンド彼女」と呼ばれるような関係性を指すのであって、やや説明が必要となるでしょう。

セカンド彼女という言葉が使われる女性は不幸である

「セカンド彼女」という言葉は、「男性はその女性のことを性欲処理の道具としてしか見ていないが、女性のほうは、男性に恋愛感情を抱いており、いつかは本命彼女に昇格できると考えている」という状態にある関係性にある男女の、女性主体に与えられる蔑称です。
セフレ関係というものに「幸福」という尺度を持ち込むのであれば、前者のセフレ関係は両者ともに幸福であり、後者のセフレ関係においては男性だけが幸福で女性のほうは不幸である、という見取り図を描くことができます。

セフレ掲示板を男性だけが使っているという有利な状況

セフレ掲示板においては、この見取り図を把握したうえでセフレを探している男性が、女性に対して強者として振る舞うことになります。
出会い系の掲示板などがセフレ掲示板として機能した場合、強者の男性は「自分が使っているのはセフレ掲示板である」という自覚と認識があり、弱者である女性には「自分は恋人を探している」という認識だけがあるということになるのです。
https://obatwasirambeienherbal.com/